ビザ申請

Application for Technical Visa
技術ビザ

ビザ申請業務一覧はこちら

技術ビザは、理学、工学その他自然科学の分野に属する技術又は知識を要する業務に従事する場合に与えられる就労ビザの一つです。「人文知識・国際業務ビザ」が文系の就労ビザであるのに対し、「技術ビザ」は理系の就労ビザという事が出来ます。最近では、システムエンジニア、プログラマー等の職に就かれる方が技術ビザを取得しているのをよく目にします。

今後日本が国際社会のリーダーになるためには、優秀な技術、知識を持っている方の受け入れは必須であり、技術ビザをはじめとする就労ビザの取得はスムーズに行われなくてはなりません。しかし、技術ビザも他の就労ビザ同様、在留資格該当性のみならず上陸許可基準の適合性も求められます。その為、なかなか思うように技術ビザの取得が出来なかったり、書類不備のために追加書類の要求があったりと、技術ビザ取得の壁は高いと言わざるを得ません。

当事務所・国際業務部門では、専門の申請取次行政書士が在籍し、お客様の技術ビザがスムーズに取得できるようにお手伝いしております。貴重な技術、専門知識をお持ちの方は、是非その技術を如何なく日本で発揮して下さい。私たち専門家が、煩雑な技術ビザの問題は解決致します。

技術ビザ必要書類

「技術ビザ」の必要書類について記載します。但し、申請人及びその方の状況により、添付する書類は異なりますので、あくまで参考としてご活用下さい。

在留資格認定証明書交付申請の場合

在留資格更新許可申請の場合

在留資格変更許可申請の場合

専門行政書士が答える技術ビザについて

技術ビザを申請するには、上陸許可基準を満たしている必要がありますか。
他の就労ビザ同様、技術ビザについても上陸許可基準適合性が求められます。
技術ビザの上陸許可基準はどのような内容ですか。
基準省令には、次のような定めがあります。原則はいずれにも該当する事が求められます。

①従事しようとする業務について、これに必要な技術若しくは知識に係る科目を専攻して大学を卒業し若しくはこれと同等以上の教育を受け又は10年以上の実務経験(大学、高等専門学校、高等学校、中等教育学校の後期課程又は専修学校の課程において当該技術又は知識に係る科目を専攻した期間を含む。)により、当該技術若しくは知識を修得していること。
②日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬を受けること。
技術ビザはどのような活動が該当しますか。
技術ビザに該当する職業の一例を記載します。

①ソフトウェアエンジニアとしてコンピュータ関連業務に従事する方。
②土木及び建築における研究開発・解析・構造設計関連の業務に従事する方。
③CAD及びCAEのシステム解析、テクニカルサポート及び開発業務に従事する方
④情報セキュリティープロジェクトに従事する方
⑤オンラインゲーム開発案件に関するシステムの設計、総合試験及び検査等に従事する方

以上のように、技術又は知識が無ければ従事する事が出来ない活動を指します。よって単純労働は含まれない事になります。
技術ビザの在留資格該当性に規定のある「理学、工学その他の自然科学の分野」とは、具体的にどのような分野ですか。
具体的には、数理科学、物理科学、化学、生物科学、人類学、地質科学、地理学、地球物理学、科学教育、統計学、情報学、核科学、基礎工学、応用物理学、機械工学、電気工学、情報工学、土木工学、建築学、金属工学、応用化学、資源開発工学、造船学、計測・制御工学、化学工学、航空宇宙工学、原子力工学、経営工学、農学、農芸化学、林学、水産学、農業経済学、農業工学、畜産学、獣医学、蚕糸学、家政学、地域農学、農業総合科学、生理科学、病理科学、内科系科学、外科系科学、社会医学、歯科学、薬科学など、多岐に渡る分野が対象になります。
機械製作を行う職業に就きたいと思っています。注意点を教えて下さい。
技術ビザの取得を目指される場合には、単純労働か否かという点に注意して下さい。工場などで、単に機械の組み立て作業をしている場合には、技術ビザの在留資格該当性は認められませんので注意が必要です。
IT関係の職業に就きたいと思っています。技術ビザに該当するのかよくわかりません。
ご質問のような、技術ビザに該当するのか、人国ビザに該当するのか微妙な案件は、非常に多いのが現状です。一度当事務所・国際業務部門までお問い合わせいただければと思います。

お問い合わせ お問い合わせボタン

→このページのトップへ