ビザ申請

About the permanent residence visa and permanent residency to which a special public notary replies
専門行政書士が答える永住ビザ・永住権について

ビザ申請業務一覧はこちら

過去に日本で20年生活していました。その後5年間本国に戻り生活をしていたのですが、また日本で暮らそうと思っています。このような場合に、永住ビザ・永住権は許可されますか。
上陸の際に永住ビザ・永住権が許可される事はありません。なぜなら、永住ビザ・永住権は在留資格の変更の一種だからです。永住ビザ・永住権を取得できるのは、現在日本で何らかの在留資格をお持ちの方が対象になります。
永住ビザ・永住権を取得して、本国で生活しようと思っています。このような場合の注意点を教えて下さい。
永住ビザ・永住権は、お客様が本国で生活をし、日本との行き来を便利にするためのビザではありません。本国で生活する目的を持って、日本の永住ビザ・永住権を取得することは控えて下さい。
永住ビザ・永住権を取得しています。仕事で長期間海外に赴任するのですが、何か気を付ける事はありますか。私自身は、ずっと日本で生活したいと考えています。
再入国許可の取得を忘れていたり、再入国許可の期限が切れてしまうと永住ビザ・永住権は失われてしまいます。永住ビザ・永住権をお持ちの方も、再入国許可に関しては注意を怠ってはいけません。
永住ビザ・永住権を持っていれば、たとえ日本で逮捕されても強制送還される事はないと聞きました。本当でしょうか。
間違いです。永住ビザ・永住権をお持ちの方も、ケースによっては退去強制令書が発布されることは十分考えられます。永住ビザ・永住権は、プラスの要素の一つに過ぎません。
主人と私との間に子どもが生まれます。私は永住ビザ・永住権を取得していませんが、主人は永住ビザ・永住権を既に取得済みです。このような場合、これから生まれる子どもの在留資格はどうなりますか。
入管実務では、お子様については父又は母が永住ビザ・永住権を取得してれば、日本における出生により永住ビザ・永住権を取得できる取扱いです。
私には前科があります。永住ビザ・永住権を申請しようと思うのですが、何か問題になりますか。隠して申請すれば入管にばれる事はないですか。
そんな事はありません。永住ビザ・永住権は、他のビザと比較して、在留管理、在留活動、在留期間等、ビザ取得に対する高いメリットがあります。しかし、永住ビザ・永住権の審査はとても厳しいものです。簡単に取得できるビザではありません。永住ビザ・永住権を申請すると、入管は前科照会を行います。前科を隠して申請してすることは出来ません。では、前科があれば永住ビザ・永住権は取得できないのでしょうか。もちろん、前科は無いに越したことはないですが、その一事をもって必ず永住ビザ・永住権が取得できないわけではありません。当事務所では、申請人の方が過去の過ちを深く反省し、正直に申告することによって、永住ビザ・永住権を取得した実績があります。
前科は無いのですが、税金を納めていません。このような場合、永住ビザ・永住権を取得する事は出来ないでしょうか。
未申告、未納の部分について、事後的に補完することで永住ビザ・永住権は取得できると思われます。但し、あまりに多額の未申告、未納額があれば難易度は上がると予想します。
永住ビザ・永住権の要件について教えて下さい。
入管法22条に次のような記載があります。
①素行が善良であること
②独立生計を営むに足りる資産又は技能を有すること
③その者の永住が日本国の利益に合すると認められること
以上の通り、規定があります。
過去に交通違反をしたことがあります、素行善良要件を満たしませんか。
あくまで程度によりますが、飲酒運転、超過速度が大きいスピード違反は、少し雲行きは怪しくなります。一度ご相談下さい。
会社を経営しています。投資経営ビザで日本に在留しているのですが、ここ最近業績が芳しくありません。このような状況で永住ビザ・永住権を取得することが出来ますか。
上記と同様に、程度によりますという回答になってしまいます。尚、生活保護等を受けて、公共の負担になっているケースでは、独立生計要件は満たしません。
現在「留学ビザ」で日本に在留しています。永住ビザ・永住権を取得する事は出来ますか。既に日本に来て、10年以上は経過しています。
国益適合要件には、居住要件が求められます。確かに原則として10年以上日本に在留していれば、当該要件は満たしていそうな気がしますが、入管実務ではこの10年の期間の内5年以上は、就労資格系のビザか入管法別表第二の身分系又は地位系のビザで継続して日本で生活していることを要件としています。よって、ご質問の「留学ビザ」では永住ビザ・永住権は取得できない事となってしまいます。
日本人の配偶者等ビザで日本に在留しています。この場合、10年の居住要件が緩和されると聞きました。本当でしょうか。
本当です。日本人の配偶者等のビザ、永住者の配偶者等のビザ日本に居住する方が、結婚生活3年以上で、引き続き1年以上日本で在留していれば、10年の在留期間の特例が適用されます。但し、その要件だけを満たせば、他の永住ビザ・永住権の要件を満たさなくても良いというわけではありませんので、誤解のないように注意して下さい。

お問い合わせ お問い合わせボタン

→このページのトップへ