ビザ申請業務

International Services for Working Visa / Spouse Visa /
Permanent Residence Visa

結婚ビザ、就労ビザ、永住ビザ等の国際業務

最短での永住ビザ・帰化許可取得を実現

行政書士第一綜合事務所・国際業務部門は、就労ビザ、結婚ビザ、永住ビザ、帰化申請等の外国人の在留関係業務を開業当初から専門としています。現在、国際業務部門には、申請取次行政書士をはじめ、外国籍のスタッフも在籍しております。

国際化が加速する中、私たち行政書士の役目も日々変わりつつあります。当事務所は、利用しやすい事務所を目指し、日々お客様の就労ビザ、結婚ビザなどのご相談を承っております。この度のホームページの改定に伴い、お客様のお声をヒントにビザ取得、ビザ変更、ビザ更新とわかりやすい料金設定をすることを心掛けました。私たちが就労ビザ、結婚ビザの行政書士業務に携わるにあたり、よく耳にするお客様の声は、“行政書士に頼みたいけど料金が高い”、“行政書士に頼んだけど不許可になった”というものです。

外国人の方が住みやすい日本であるように、そして私たち行政書士がもっと身近な存在となり、安定的に日本で生活できるように、当事務所は挑戦を続けて参ります。最短での永住権取得、日本国籍取得を目指したい方、就労ビザ、結婚ビザでお困りの方は、行政書士第一綜合事務所・国際業務部門までお気軽にお問い合わせ下さい。

ビザ申請業務メニュー

日本での安定的な生活をご希望の方は

永住者ビザ申請はこちら
帰化申請はこちら

日本人・永住者と結婚・離婚ご希望の方は

日本人の配偶者等ビザ申請はこちら
永住者の配偶者等ビザ申請はこちら
定住者ビザ申請はこちら

日本で会社設立したい、起業をご希望の方は

投資経営ビザ申請はこちら

日本で就職したい、就労ビザをご希望の方は

技術ビザ申請はこちら
人文知識・国際業務ビザ申請はこちら
企業転勤ビザ申請はこちら
技能ビザ申請はこちら

短期での日本滞在をご希望の方は

短期ビザ申請はこちら

どのビザに該当するのかわからない探しているビザの掲載が無い方は当事務所・国際業務部門までお気軽にお問い合わせ下さい。



メールはこちらから


お電話はこちらから



過去の事例のご紹介

難事件対応実績を一部公開。もうビザで悩む必要はありません。

就労ビザ(投資経営ビザ)で会社を経営。しかし、赤字が続き就労ビザの更新が不安

赤字という消極的要素は対応が必要

就労ビザ(投資経営ビザ)は赤字であるという一事をもって更新できない訳ではありません。現在、日本の企業でも黒字会社はそう多くはありません。しかし、売上げが低い=経営の実態がない、つまり偽装の就労ビザ(投資経営ビザ)と疑われて、不許可になるケースもあると聞きます。赤字であるという消極的な要素は、きちんとケアーした上で申請することが肝要です。しかし、ご本人の申請でそこまでの準備をするのは、至難の業だと思います。早い段階で就労ビザ等を専門にしている行政書士に相談し、確実な申請をすることが大切です。

再婚禁止期間に本国にいる奥様を呼びたい

日本法と本国法を正確に把握

日本の民法では、女性は離婚から6か月の再婚禁止期間が設けられています。このお客様は、複数の行政書士事務所から断られて結婚ビザのご相談に来られました。理由は、再婚禁止期間内の結婚だったからです。結婚の方式は、日本方式、本国方式の2つのパターンがあります。国際結婚は、両国での法律を熟知していない場合、ミスジャッジをしてしまう事も多々あります。当事務所では、日本では再婚禁止期間であるにも関わらず、各役所と協議し、結婚ビザの取得に成功しました。

本人申請で過去3度結婚ビザの不交付

不許可の事由を徹底的に究明

たかが結婚ビザ、されど結婚ビザです。結婚すれば簡単に取得できると勘違いされているお客様が多いように感じます。結婚をすれば結婚ビザがもらえるわけではありません。ビザを取得するために偽装結婚される方が、残念ながらおられます。その為、入管も結婚ビザの申請に対し、厳しくチェックしているのが入管実務です。しかし、真正な結婚であるケースは、家族の結合等の観点からも認められなければなりません。一部の偽装結婚をしている人の為に、真正な結婚をされる方が不利益を受ける事があってはなりません。まずは不許可になった原因を徹底的にブラッシュアップしてから、再申請することが必要になってきます。

就労ビザの資格該当性が微妙な案件

実際にどのような業務を行うのかを明確に

労働者人口の減少が問題になっている日本。外国人の在留管理も、時代と共に変化し、以前批判されていた、杓子定規的な判断ではなくなりつつあります。しかし、経営者の方の中には、入管職員とトラブルになり、結局就労ビザを断念したという悲しいお話を聞く事もしばしば。あまりにも逸脱しているケースは除きますが、緩和される動きは、入管業務を行っていて実感としてあります。申請者が、どのぐらいの割合で資格該当性に沿う活動をするのか、又その他はどのような活動をしているのか明示する必要があります。このような申請は、当事務所の申請取次行政書士が入ることにより、解決できる問題です。

限られた時間で短期滞在ビザから結婚ビザへの変更

真正婚である事を積極的に疎明

日本に90日の短期ビザで入国されたお客様です。実際に日本で家を探し、気が付けば短期ビザの期限が迫っていました。一度出国して、「在留資格認定証明書を取得するしかありませんか」というご質問のお電話からスタートしました。時間的に余裕がありませんでしたが、何とか8日というスピードで結婚ビザの取得に成功しました。なぜそんなに早く結婚ビザを取得できたのか。それは、確実な疎明資料を収集、作成し、入管に提出できたからに他なりません。プロならではの技と言っても過言ではないように思います。

入管に偽造書類を提出。その後入管から追加資料提出通知書が来て八方塞がりに

その経緯を丁寧に入管職員に説明

入管に偽装書類は提出してはならない事は周知の通りです。しかし、このお客様はしてはいけない事をしてしまいました。なぜ、そのような申請をしてしまったのかというと、インターネットの情報、友達から聞いてしまった情報を鵜呑みにしてしまったのが原因でした。当事務所が業務する時には、虚偽の書面を提出する事はありません。虚偽の書面を提出する事は、一番簡単で、一番不許可に近いとご認識下さい。お一人で悩んでいる方は、一度当事務所・国際業務部門にご相談下さい。

家族全員で永住権を取得したい。

入管実務の経験・理解が重要

就労ビザで日本に滞在されているお客様。家族全員で永住ビザの申請したい、しかし自分以外は要件を満たしていないという方は多いのではないでしょうか。他の事務所に相談に行かれましたが、断られてしまい落胆していたお客様。当事務所にご相談に来られ、一家揃って永住ビザの取得に成功しました。就労ビザで日本に在留するよりも、永住ビザを取得する事によって、外国籍の方のビザに対する不安は間違いなく軽減されます。不安を抱えて申請するよりも、一度ビザ専門の行政書士にご相談されることをお勧めします。当事務所は、初回ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

お客様の声

会社設立後の相談がとても助かっています
その節は大変お世話になりました。
3つの行政書士事務所に相談にいきましたが、第一綜合事務所の親切な対応に感動し、依頼を決めました。
私は中国人なのですが、中国人のスタッフの方が通訳してくれたので、語学への不安もなく大満足でした。
会社設立後の相談も乗っていただき、感謝しています。

投資経営ビザ・中国籍・R様
社会人としての第一歩を踏み出す事ができました
就労ビザの取得の際はお世話になりました。
私はインドからの留学生でした。
日本の大学で情報処理を勉強し、卒業後にIT業界にて就職する事が決まりました。留学ビザから、就労ビザに切り替える必要があったのですが、自分で申請するのはとても不安がありました。
友人から紹介してもらった第一綜合事務所さんの無料相談にて、対応頂いた行政書士の先生に親切に対応してもらい信頼できる人だと感じました。
その後、第一綜合事務所さんに正式に依頼し、現在は就職先で就労する事が出来ています。
日本で社会人としての第一歩を踏み出せた事はとても幸せな事でした。

技術ビザ・インド国籍・P様
勉学に励む事が出来るのは第一綜合事務所さんのお陰です
私は、日本で勉強をしている留学生です。
在学中に警察捕まってしまい、留学ビザの更新が出来ませんでした。
もう日本で勉強する事が出来ない、諦めて母国に帰ろうかと思っていた時、WEBサイトで第一綜合事務所さんを見つけました。
担当していただいた方は、ビザ更新の事だけでなく、生活面についても相談にのってくれビザの更新を待っている期間の不安がずいぶん楽になりました。
先生のおかげで現在も日本で勉強する事が出来ております。
ありがとうございました。

留学ビザ・中国籍・R様

ビザ申請のご依頼に関するQ&A

就労ビザの依頼をしようと思っています。料金のお見積書は先にもらえますか。
もちろんです。先にお見積書をご提示させて頂きます。料金についてもご納得の上、ご依頼いただけるよう心掛けております。
外国人のスタッフがいると聞きました。本当でしょうか。
当事務所には、ビザ申請に関して1年の経験を有する中国人スタッフが在籍しております。その他の国の方に対しては、提携の通訳会社にお願いしています。
結婚ビザの依頼を検討しています。成功したら追加料金は発生しますか。
ご安心ください。結婚ビザのみならず、他のビザについても追加料金は頂いておりません。万が一、途中で想定外の費用が発生した時には、事前にお客様にご同意の上業務を進めて参ります。
就労ビザ更新を検討しています。仕事の為、土曜日・日曜日しか面談をすることが出来ません。可能でしょうか。
もちろん可能です。事前にご予約いただければご対応させて頂きます。
就労ビザ更新を検討しています。仕事が忙しいので事務所まで行くことが出来ません。 このような状況でご依頼が可能でしょうか。
当事務所・国際業務部門の担当行政書士がご訪問致します。尚、別途出張料金を頂戴させて頂きますのでその旨ご了承下さい。

※その他のご質問は当事務所・国際業務部門までお気軽にお問い合わせ下さい。

ビザ申請業務 料金一覧


業務内容 通常価格 特別割引価格
就労ビザの取得 90,000円 70,000円
就労ビザへの変更 90,000円 70,000円
単純ビザ更新 50,000円 12,000円
結婚ビザの取得 100,000円 80,000円
結婚ビザへの変更 100,000円 80,000円
短期滞在ビザの取得 50,000円 複数申請の場合には別途割引

永住権申請

業務内容 報酬額
永住権申請 90,000円
加算費用 同居のご家族との同時申請 1名様につき:25,000円加算
扶養家族が多い場合 20,000円~50,000円加算
出国が多い場合 20,000円~50,000円加算
収入が少ない場合 20,000円~50,000円加算
公的義務の不履行がある場合 50,000円加算
交通違反が多い場合 20,000円~50,000円加算
過去に入管法違反,刑法違反がある場合 50,000円~100,000円加算
過去に不許可実績がある場合 50,000円~100,000円加算
その他の個別の事情がある場合 委細お見積

国際結婚・国際離婚のビザ申請

業務内容 報酬額
海外にいる配偶者の呼び寄せ
(在留資格認定証明書交付申請)
100,000円
短期滞在ビザから配偶者ビザへの変更
(在留資格変更許可申請)
120,000円
日本在住の方の配偶者ビザへの変更
(在留資格変更許可申請)
100,000円
日本在住の方の配偶者ビザの延長
(在留期間更新許可申請)
50,000円
国際結婚手続き
(海外を先行でする場合)
50,000円
国際結婚手続き
(日本を先行でする場合)
70,000円
短期ビザ滞在(知人訪問・親族訪問)
(①15日 ②30日 ③90日)
①50,000円
②60,000円
③70,000円
配偶者ビザの不許可からの再申請 状況によって異なりますので
詳細は当社までお問合せください。
オーバーステイの方との国際結婚
(在留特別許可の申出)
上陸拒否期間中の配偶者の呼び寄せ
(在留資格認定証明書交付申請)
国際養子縁組手続き 80,000円
中国語・台湾語・韓国語の通訳 無料
英語・フランス語・オランダ語・ドイツ語の通訳 1時間5,000円
中国語・台湾語・韓国語・英語の訳文作成 1枚につき2,000円
当社へのご相談
(お電話・メール・ご面談)
初回につき無料

外国人の起業支援・会社設立等

会社設立のみの
ご依頼
会社設立&投資経営ビザ取得の
ご依頼
定款認証代 50,000円 50,000円
定款印紙代 40,000円
0円
40,000円
0円
事後謄本取得代金 600円 600円
登録免許税 150,000円 150,000円
会社設立報酬 100,000円 50,000円
投資経営報酬 0円 200,000円
合計金額 300,700円 パック割引で50,000円お得⇒
450,700円

お問い合わせ お問い合わせボタン

→このページのトップへ