Before Applying in person
お客様自身でビザ申請するにあたって

知っておいて損はなし!!これだけは押さえておきたい7か条。

申請時期には気をつけること

たかが申請するタイミング、されど申請するタイミング。申請時期によって大きく人生を左右することがあります。ビザ申請は、余裕をもって行って下さい。

虚偽の申請は避けること

軽はずみなその申請。後々とんでもないことになります。虚偽がばれるともちろん不許可です。他の方法を探す方が、お客様の為にもなります。

確実な情報しか信じないこと

インターネットの情報、友人からの情報が、全てお客様にあてはまるとは限りません。ビザ申請は、総合的に判断します。勘違いは大敵です。

事前の準備を怠らないこと

ビザ申請の種類によっては、事前に入念な準備が必要なものがあります。事前の準備をしっかり行い、スムーズにビザ申請を行いましょう。

先を見据えて申請すること

少々難易度が高い項目です。専門家に依頼するメリットの一つと言えるでしょう。今後のことを考えてビザ申請することも大切なことです。

マイナス要素はきちんとフォローすること

消極的な要素は、きちんとフォローしてから書面を提出しましょう。逆に、プラスの要素は積極的にアピールしましょう。

入管からの要求には早期に対応すること

自分でビザ申請したものの、入管から追加書類の要求がきた場合、早期に専門家に相談しましょう。不許可通知がきた時も同様です。

お問い合わせ お問い合わせボタン

→このページのトップへ