行政書士法人第一綜合事務所の採用については
こちらのリンクからご覧ください
最先端の行政書士を目指したい

行政書士法第1条,いわゆる目的条項には以下のような記載があります。
「行政に関する手続の円滑な実施に寄与し,あわせて,国民の利便に資することを目的とする。」

つまり,我々行政書士は,行政手続きに寄与すること,そして国民生活において,その利便に資すること,この2つの大きな役割の担い手です。ひとたび行政書士がその業務を怠ると,無益・無用の法的紛争を引き起こしかねない,まさにそんな重責を担っている職業といっても過言ではありません。

そのような中,行政書士法人第一綜合事務所では,行政書士の目的に相反することなく,その一方で新しい行政書士像,今までにない行政書士を創造するため,日々切磋琢磨しております。
現状に満足することなく,最先端の行政書士事務所を目指したい,常にそのように考えております。

当社は,平成22年9月1日,大阪市中央区北浜にある10坪ほどの小さな事務所でスタートしました。当初,従業員は私を除き1名のみ。そのような中,一貫して利他の精神を心の軸とし,お客様と接してきました。その結果,平成25年7月4日にグループ会社である一般社団法人経営パートナーズを設立,そして開業当初の事業計画より早く,平成25年9月1日に行政書士法人化,さらに平成26年12月1日に新事務所へ移転等,順調にその歩みを進めて参りました。
今後も立ち止まることなく,躍進を続けていきたい,そのように考えております。

当社は,平均年齢30歳,スタッフ総勢11名の若い法人です。
今後においては,諸先輩方が培った業務を受け継ぎながら,第一綜合でしかできない業務,第一綜合だからできる業務を行っていきたいと考えています。

今回の採用面接を通じて,たくさんの方とお会いできることを楽しみにしています。

当社は,開業から約4年半であり,いわゆる古株ではありません。
しかし,開業から3年で法人化するに至り,行政書士法人として名を連ねました。

国際業務案件を法人組織として取扱っている,数少ない行政書士法人の一つです。

当社には,複数の登録行政書士が在籍し,各々が複数の案件に日々取り組んでいます。各自が国際業務のプロ意識を持ち,常に新たな知識の修得に励み,自己研鑽を怠ることはありません。お互いに切磋琢磨しつつ,新たな発見や方向性が見えたときの感動は,忘れることはできません。

開業後約4年半,法人設立後1年半の若い組織であるため,成長途上にあります。
そのため,現在在籍しているスタッフは勿論のこと,これから入社する貴方にも,自身の成長と共に,会社の成長を感じることができると思います。

これから更に成長していく当事務所と共に,新たな道を歩みだしましょう。貴方の応募をお待ちしています。
1.高度の専門性
事務所開設以来,一貫して国際業務案件を専門に取り組んできた結果,多くの経験と知識が蓄積し,高水準な業務提供が可能となりました。

そして近時においては,国際業務の中でもとりわけ,①入管業務,②帰化許可申請業務,③渉外戸籍業務,を主な業務としておこなっております。また最近は,対日投資(投資経営ビザ)等のニーズに応え,国際税務を専門とする税理士,外国会社の登記を得意とする司法書士と共同しながら業務を進めることも増えてきました。

担当行政書士の主導の下,事務所全体で各案件をバックアップし,スタッフも各案件をとおして,日々その迅速性・正確性の力量を高めています。
2.広域展開
今日では,事務所所在地の大阪をはじめとして,東京・名古屋・福岡・広島・高松エリアのお客様からも沢山のご相談をいただくようになりました。また,行政書士の業務領域では対応不可能な案件に対しても,連携・協力をしている税理士・司法書士・その他の専門職士業と力を合わせ,ワンストップの業務を実現しています。

「グローバル化」という言葉を頻繁に耳にするようになってから久しくなりますが, 今後の日本経済のますますのグローバル化に,行政書士業務をとおして貢献したい,そんな熱い思いをもっています。
今回の採用で求める人材といっても,一言でいいあらわすことはできません。

十人十色という言葉があるように,人が10人集まれば当然,それぞれの長所短所,得手不得手があり,それらは均一ではありません。当社の今後の発展には,各人の個性を120%発揮し,そうした個性がぶつかり合いながらも切磋琢磨していくことが重要だと感じています。

これらを踏まえ,当社が求める人材は,以下のうち,いくつかの特性を持つ方といえます。
「人は皆完璧ではない」という前提の下,それぞれの短所や不得手を他のスタッフが補完し合いながら,お互いを認め合い,尊重し,いわば「化学変化」を起こしながら,そしてそれを楽しみながら,事務所全体として大きく成長していきたいと思っています。今回の採用を通して,多くの魅力的な方と出会うことができれば大変嬉しく思います。
「日々の積み重ねの大切さを再認識」

私は,主に帰化申請業務を担当しています。現在では,初回の相談から帰化許可受領まで,帰化申請に関する業務の全てを任されていますが,入社当初は,全く知識がありませんでした。行政書士試験に合格こそしてはいましたが,当社の主な業務は,行政書士試験とはあまり関係のない国際業務であったため,不安な気持ちを持ってのスタートでした。

 しかし,そのような私が何故,こうして第一綜合事務所で帰化申請業務を任されるようになったのかというと,次の点について,常に意識し実践することができていたからだと考えています。 それは,「分からないことがあれば,まずは自分で調べる」ということです。

行政書士試験の科目以外の法律について,あまり知識がなかった私は,まず自分にできることから始めようと思いました。真っ先に上司や先輩に相談することで,すぐに解決する場合もあるかと思います。しかしそれでは,この業界で働く上での必要な力を身に付けることはできません。まずは自分で調べることにより,「関わる案件は全て自らで調べ,自らで管理する」という,この業界で働く上で必要と考えられる知識,基礎の習得を目指しました。

また,ロースクール出身の上司や先輩に,法律知識では及ばないとしても,別の点においては,劣ることのないようにすることが重要であると考え,行動に移すことを意識しました。日々の業務の中で,自分にできることを考え,誰にも負けないという分野を持つことの重要性への認識は,今も変わることはありません。

第一綜合事務所で働きたいと応募を検討されている方には,ぜひ上記の点について考えて頂けたらと思います。新しい業界に参入するのですから,入社された方にはしっかりと成功を掴みとって欲しいと思います。その為の小さな努力は惜しまずに,頑張ってほしいです。

今現在の能力,知識に自信がない方でも,入社後の頑張り次第で十分に活躍できる環境が,第一綜合事務所にはあります。たくさんの方からの,ご応募をお待ちしております。
行政書士資格を有している方には様々な経歴をお持ちの方がおられると思いますが,近頃の傾向として,法科大学院在学生あるいは修了生が増えてきています。実は,私も法科大学院を修了した後,行政書士の世界に転じた一人です。

かいつまんで私の経歴を紹介しますと,大学在学中に弁護士を志し,法科大学院に入学し,大学院在学中に行政書士試験に合格しました。司法試験は3回挑戦しましたが,合格することが出来ませんでした。その後,行政書士の道を志し,第一綜合事務所に入社しました。

年齢的にそろそろ働かなければという切迫感もありましたが,何よりも,「培った法律知識を社会に還元しなければ」という一種の使命感のようなものを感じていました。在学中や司法浪人中は,暗く長いトンネルの中で必死にもがいていましたが,今は,社会の一員として必要とされること,その上で自分の知識が実務に活かせることに日々喜びを感じています。弁護士になるという夢は果たせませんでしたが,たとえステージが異なっても,依頼人のために適切な法的サービスを提供するという観点では,究極目的は同じではないかと考えています。

世間一般的には,私は入社して間もない新入社員に位置づけられますが,重要な書類の作成を任せられることも多くなってきました。このように,第一綜合事務所は社歴に関わらず,能力のある者には様々なチャンスがあります。もちろん,重要度が増すにつれて,責任も重くなりますが,程良いプレッシャーを感じながらも,毎日自分の成長を感じることができています。また,私と同じように法科大学院を修了してこの世界に飛び込んだ先輩もいます。見本となる存在が居ることは本当に頼もしいです。

最後に,司法試験に限らず,志果たせず,挫折している方は沢山います。失敗した事実に直面して,「自分は今まで何をしてきたのだろう」と自問自答を繰り返す日々もあるでしょう。しかし,今まで蓄積された法律知識は確実に財産になっているはずです。これを活かせるどうかは,これからの行動次第ではないでしょうか。

もしあなたが行動を起こしてくれるなら,第一綜合事務所にはあなたが活躍できるステージが用意されています。思い切って門戸を叩いてみてください。
お客様の未来,自分の未来を創ることができる仕事!

私が第一綜合に入社した際には,法律知識はゼロ,経験も全くない状況でした。しかし,そんな私でも,日々先輩の指導に従いながら勉強を重ねることで,今ではお客様と行政書士を繋ぐ,重要なポジションを任せられ,通訳,翻訳として活躍することができています。

最初は,知らないことばかりで,辛い時期もありました。それでも,時に先輩や同僚に励まされながら,努力を重ねてきました。そのような私の経験は,今後の人生にとって大きな意味を持つものになると考えています。

第一綜合の業務は,お客様の未来,そして自分自身の未来を創ることができる仕事です。

第一綜合には評価してくれる仲間がいる!

外国籍である私にとって,ビザなどで困っているお客様の気持ちは良く分かります。だからこそ,お客様の立場になって,回答に努めることが私の重要な役目であると考えてきました。入社以来,そのような行動指針をもって日々業務をしてきた結果,2014年のMVPを受賞することができました。

第一綜合では,毎年,年次報告の納会をおこないます。その際に,全従業員の投票によって,一年間で最も活躍した従業員へ投票をおこない,最も票を獲得した従業員がMVPを受賞することができます。 昨年は,まさか自分が選出されるとは思いもよらず,驚きが先行しましたが,今までの努力が実った瞬間でもあり,評価して頂けたことをとても嬉しく思いました。

行政書士の業務は,専門的な用語も多く,勉強をしなければならないことはたくさんあります。しかし,第一綜合には,貴方が活躍できる場所がたくさんあります。そして,頑張ったことを評価してくれる仲間がいます。

外国籍であるからこそ,気持ちがわかる場面もあるはずです。やりがいのある仕事,世の中のためになる仕事を希望されている方は,ぜひ第一綜合までお問い合わせください。
異業種からのパワーが第一綜合事務所を変える!

 当社は,行政書士を目指していたスタッフばかりで構成されているわけではなく,異業種の力を発揮できる,そんな職場環境にあります。かくゆう私も,IT業界から転職してきました。最初は,“書士業”の世界に戸惑いがなかったと言えば嘘になります。しかし,”お客様の希望を形にする”という点においては,どの業種でも異なることはありません。異業種から転職される方は,法律畑だけでは学ぶことのできない,様々な経験があるはずです。たとえ行政書士の経験がなくても,たとえ業界が異なったとしても,これまでの経験を活かす事が出来る場面は,第一綜合事務所には必ずあるはずです。

お客様の笑顔の為に!

 日々業務をする中で,数多くのお客様との出会いがあります。お客様一人一人,抱えておられる悩みは違います。私は行政書士補助者として,お客様の書類収集のお手伝いや,証拠収集,事情聴取など,担当行政書士と共に,充実の毎日を過ごしています。お客様の希望が叶い,笑顔を見た時には,これ以上ないやりがいを感じます。特に,「ありがとう」の一言は本当に嬉しく思い,この仕事をやっていて良かったと実感する瞬間です。
 補助者業務といっても,自分で学び,貪欲な姿勢を持っていれば,業務の幅をどんどん広げることもできます。私も最初は限られた中での業務でしたが,次第にお客様の対応も任される様になってきました。入社二年が経とうとしている今は,前職では得る事の出来ない,やりがいを感じながら毎日を過ごしています。
2015年4月8日:現在募集中の職種は以下の通りです。

 ≫本職採用
 ≫補助者採用

応募資格
 行政書士資格登録者または行政書士有資格者

仕事内容
 行政書士業務全般

勤務形態
 正社員
 (但し,試用期間として3ヶ月から6ヶ月。)

勤務時間
 9時30分から19時00分(時間外あり。)

給与
 月額18万円~25万円
 (経験,能力等を考慮します。尚,試用期間中16万円。)

勤務地
 事務所所在地に同じ
 (但し,新事務所開設のため転勤の可能性あり。)

必須要件
 ・当社の将来ビジョンを理解し共有できる方
 ・長期勤務可能な方
 ・社会人経験のある方(新卒の方は考慮します。)
 ・明るく社交性のある性格の方

年齢
 22歳から35歳まで
 (長期勤務によるキャリア形成を図るため。)

優遇要件
 ・行政書士事務所,司法書士事務所など士業事務所の経験者
 ・司法試験,司法書士試験などの受験経験者

待遇
 ・行政書士会会費及び支部会費全額負担
 ・行政書士賠償責任保険全額負担
 ・申請取次研修,各種研修会費用全額負担
 ・住宅手当または交通費支給あり(但し,上限あり。)
 ・年間MVP賞,達成手当あり

備考欄
 ・ご送付いただきました履歴書は,当社にて責任を持って破棄いたします。
  尚,ご送付いただいた履歴書については,返却できませんので予め同意の上,ご送付ください。
 ・業務に支障をきたすため,お電話でのお問い合わせは固くお断りしております。

応募資格
 不問

仕事内容
 行政書士補助業務全般

勤務形態
 正社員またはアルバイト
 (但し,試用期間として3ヶ月から6ヶ月。)

勤務時間
 9時00分から18時00分
 (時間外あり。但し,受験生の方は考慮します。)

給与
 (正社員)月額16万円~20万円
 (アルバイト)時給900円~1200円
 (経験,能力等を考慮します。但し,試用期間として3ヶ月から6ヶ月。)

勤務地
 事務所所在地に同じ

必須要件
 ・当社の将来ビジョンを理解し共有できる方
 ・長期勤務可能な方
 ・社会人経験のある方(新卒の方は考慮します。)
 ・明るく社交性のある性格の方

年齢
 22歳から35歳まで
 (長期勤務によるキャリア形成を図るため。)

優遇要件
 ・行政書士事務所,司法書士事務所など士業事務所の経験者
 ・司法試験,司法書士試験などの受験経験者

待遇
 ・住宅手当・通勤手当あり(但し,上限あり。)
 ・年間MVP賞,達成手当あり
 ・予備校へ通学中の方,他資格の勉強中の方は,勤務時間を考慮します

備考欄
 ・ご送付いただきました履歴書は,当社にて責任を持って破棄いたします。
  尚,ご送付いただいた履歴書については,返却できませんので予め同意の上,ご送付ください。
 ・業務に支障をきたすため,お電話でのお問い合わせは固くお断りしております。

応募資格
 不問

仕事内容
 役所等への公文書の請求,郵便発送処理,来客対応,電話対応,書類作成補助など事務作業全般

勤務形態
 正社員またはアルバイト
 (但し,試用期間として3ヶ月から6ヶ月。)

勤務時間
 9時00分から18時00分
 (時間外あり。但し,諸般の事情を考慮します。)

給与
 (正社員)月額16万円~20万円
 (アルバイト)時給900円~1200円
 (経験,能力等を考慮します。但し,試用期間として3ヶ月から6ヶ月。)

勤務地
 事務所所在地に同じ

必須要件
 ・当社の将来ビジョンを理解し共有できる方
 ・長期勤務可能な方
 ・社会人経験のある方(新卒の方は考慮します。)
 ・明るく社交性のある性格の方

年齢
 22歳から35歳まで
 (長期勤務によるキャリア形成を図るため。)

優遇要件
 ・会計事務所,弁護士事務所等の士業事務所経験者
 ・弥生会計等の使用経験者
 ・総務業務の経験者

待遇
 ・住宅手当・通勤手当あり(但し,上限あり。)
 ・年間MVP賞,達成手当あり
 ・子育て中の方は,勤務時間を考慮します

備考欄
 ・ご送付いただきました履歴書は,当社にて責任を持って破棄いたします。
  尚,ご送付いただいた履歴書については,返却できませんので予め同意の上,ご送付ください。
 ・業務に支障をきたすため,お電話でのお問い合わせは固くお断りしております。

応募資格
 中国語が話せる方,ビジネスレベルの日本語コミュニケーションをとれる方

仕事内容
 翻訳・通訳,営業事務業務

勤務形態
 正社員またはアルバイト
 (但し,試用期間として3ヶ月から6ヶ月。)

勤務時間
 9時30分から19時00分(時間外あり)

給与
 (正社員)月額18万円~20万円
 (アルバイト)時給900円~1200円
 (経験,能力等を考慮します。但し,試用期間として3ヶ月から6ヶ月。正社員は,試用期間中16万円。)

勤務地
 事務所所在地に同じ

必須要件
 ・中国語会話能力
 ・当社の将来ビジョンを理解し共有できる方
 ・長期勤務可能な方
 ・社会人経験のある方(新卒の方は考慮します。)
 ・明るく社交性のある性格の方

年齢
 22歳から35歳まで
 (長期勤務によるキャリア形成を図るため。)

優遇要件
 ・中国語の他,韓国語,英語等の言語能力をお持ちの方
 ・J-TEST実用日本語検定A級合格者
 ・日本語検定1級合格者(日本語を問題なく話せる方)
 ・日本語能力試験(N-1)合格者

待遇
 ・各種研修会費用全額負担
 ・住宅手当・通勤手当あり(但し,上限あり。)
 ・年間MVP賞,達成手当あり

備考欄
 ・ご送付いただきました履歴書は,当社にて責任を持って破棄いたします。
  尚,ご送付いただいた履歴書については,返却できませんので予め同意の上,ご送付ください。
 ・業務に支障をきたすため,お電話でのお問い合わせは固くお断りしております。

当社の人事担当者まで,履歴書,職務経歴書,志望動機書(全て形式は問いません)を送付して下さい。
尚,採用書類送付にあたっては,本サイトの内容を御確認の上,ご送付いただきますようお願い致します。
送付頂きました採用書類の内容を確認の上,当社にて厳正な選考を行います。
おおよそ2週間の書類選考の後,人事担当者から一次面接の日程をご連絡致します。
書類選考通過者のみ,当社にて一次面接を行います。
尚,本職採用をご希望される方につきましては,採用試験をおこないますので,筆記用具をご持参いただきますようお願い致します。
一次面接終了後,2週間程度の選考期間を経て,一次面接通過者のみ,二次面接を受けて頂きます。
二次面接が最終面接となり,当社役員と直接面接を行っていただきます。
二次面接終了後,1週間程度の選考期間を経て,採用内定通知書を交付致します。
雇用契約書,入社までの準備期間を経て当社に入社していただきます。
会社名
行政書士法人第一綜合事務所
代表社員
若松 直
創業
平成22年9月1日
設立
平成25年9月1日
所在地
〒530-0045 大阪市北区天神西町5番17号
アクティ南森町ビル9階
電話
06-6360-6363
メールアドレス
WEBサイト
http://d1sogo.jp
業務内容
各種ビザ申請業務,帰化申請業務,渉外戸籍業務,
対日投資支援,退去強制関連業務
所属行政書士
国際業務部門責任者 若松 直
 日本行政書士会連合会(登録番号 第10262222号)
 大阪府行政書士会(会員番号 第5989号)
 申請取次行政書士(阪行 第11-10号)

行政書士 木村 淳一
 日本行政書士会連合会(登録番号 第14261284号)
 大阪府行政書士会(会員番号 第6768号)
 申請取次行政書士(阪行 第14-103号)

行政書士 川西 輝
 日本行政書士会連合会(登録番号 第14262199号)
 大阪府行政書士会(会員番号 第6835号)
行政書士有資格者
松中 崇晴
大西 耕太郎
西尾 俊哉
行政書士補助者/事務局
江 婉甄
福井 聡
李 姫紗
富田 加代子
李 妍睿

アクセスマップ

◆電車でのアクセス
大阪市営地下鉄各線「南森町」駅4-B番出口より徒歩3分

◆お車でのアクセス
阪神高速北浜出口より約2分,南森町交差点より手前約300m

〒530-0045 大阪市北区天神西町5-17 アクティ南森町ビル9F
(TEL) 06-6360-6363 / (SoftBank) 080-9190-8068
Copyright 2010-2015 行政書士法人 第一綜合事務所 All Rights Reserved.