収容案件 オーバーステイ等

Other special permission for residence and permission examples
その他の在留特別許可・許可事例


その他の在留特別許可・許可事例

発覚
理由
違反
態様
在日
期間
違反
期間
刑事処分等 在留希望の
理由
許可内容 特記事項
1 出頭
申告
不法
入国
約16年11月 約16年11月 日本人前夫との間に出生した子(日本国籍・4歳)の監護・養育 在留資格:定住者
在留期間:1年
子の親権者は日本人前夫であるが,実際は本人(在留特別許可された者)が監護・養育していることが判明したもの。過去に在留特別許可を1回受けた経緯あり。
2 出頭
申告
不法
残留
約24年11月 約24年8月 本邦に在留基盤がある。過去に交際していた同国人との間に出生した子(外国籍・本邦出生後,在留資格未取得・12歳)の監護・養育 本人・子とも,
在留資格:定住者
在留期間:1年
生活状況に安定性が認められたもの。
3 出頭
申告
不法
入国
約6年 約6年 日本人配偶者との間に出生した子(日本国籍)2人の監護・養育 在留資格:定住者
在留期間:1年
DV被害者として公的機関に保護されたもの。配偶者との離婚は未成立
4 出頭
申告
不法
在留
約3年3月 約1年8月 日本人配偶者との間に出生した子(日本国籍)1人の監護・養育 在留資格:定住者
在留期間:1年
配偶者の協力が得られずに不法残留となった後,DV被害者として公的機関に保護されたもの。配偶者との離婚は未成立
5 出頭
申告
不法
在留
約16年1月 約15年11月 本人・子2人とも,
在留資格:特定活動(出国準備期間)
在留期間:1月
DV被害者として公的機関に保護されたもの。今後の生活を考え,子2人(外国籍・本邦出生後,在留資格未取得・8歳及び3歳)を連れて早急に帰国したいと希望。
6 出頭
申告
出生後資格
未取得
約15年7月 約15年5月 本邦での学業・生活の継続(本邦出生・15歳) 在留資格:定住者
在留期間:1年
外国籍両親が所在不明等になり,児童相談所が保護しているもの。
7 出頭
申告
出生後資格
未取得
約2年4月 約2年2月 本邦で出生後,母親(不法残留者)は所在不明・父親不詳であり,日本人の養子となったもの。 在留資格:定住者
在留期間:1年
養父母のほかに監護・養育者なし。
8 当局
摘発
不法
残留
約12年8月 約12年7月 日本人との間に出生した子(外国籍・本邦出生後,在留資格未取得・12歳)の監護・養育 本人・子とも,
在留資格:定住者
在留期間:1年
子の父親(日本人)は所在不明。子は父親の認知を受けておらず,外国籍となったもの。
9 警察
逮捕
刑罰法
令違反
約24年1月 詐欺罪により,懲役3年6月の判決 4歳時に来日しており,本邦に生活基盤がある。 在留資格:定住者
在留期間:1年
日本人と婚姻した母親の連れ子として来日。在留資格「永住者」の許可を受けて在留中に逮捕されたもの。
10 出頭
申告
不法
残留
約20年10月 約20年9月 本邦に生活基盤がある。 在留資格:定住者
在留期間:1年
来日時30歳

お問い合わせ お問い合わせボタン

→このページのトップへ