収容案件 オーバーステイ等

Special permission for residence and a disapproval example in case a spouse is a Japanese
配偶者が日本人の場合の在留特別許可・不許可事例


配偶者が日本人の場合の在留特別許可・不許可事例

発覚
理由
違反
態様
在日
期間
違反
期間
婚姻
期間
夫婦間
の子
刑事処分等 特記事項
1 出頭
申告
不法
残留
約7年3月 約3年11月 約3年9月 調査の結果,同居・婚姻の実態に疑義がもたれたもの。在留希望理由に病気治療も挙げていたが,医師から本国でも治療可とされたもの。
2 出頭
申告
不法
残留
約16年 約15年9月 約2年4月 調査の結果,同居事実がないことが判明し,合理的な別居理由もなかったもの。
3 出頭
申告
不法
残留
約18年11月 約18年10月 約1年6月 道交法違反(無免許運転),覚せい剤取締法違反等により,懲役3年・執行猶予5年の判決 出頭申告した約9月後に刑事処分等欄記載の事実で逮捕されたもの。
4 出頭
申告
不法
残留
約13年3月 約13年 約5年 スナックを経営し,複数の不法残留者を雇用していたもの。
5 当局
摘発
不法
残留
約2年 約5月 約2週間 在留資格「就学」の許可を受けて在留中,専らホステスとして稼動(約9月)していたもの。「留学」への在留資格変更許可申請中に資格外活動容疑で摘発。その後,在留資格変更許可申請が不許可となり,不法残留となったもの。収容後に婚姻(同居事実なし)。
6 当局
摘発
資格外活動 約1月 約1月 約1月 在留資格「短期滞在」の許可を受けて在留中,専らホステスとして稼動していたもの。配偶者との同居実態なし。
7 警察
逮捕
売春関係
業務従事
約6年7月 約3年9月 売春防止法違反(周旋等)により,懲役1年6月・執行猶予3年(罰金あり)の判決 不法残留後に在留特別許可(日本人の配偶者等)を受けて在留中,経営するマッサージ店で従業員に売春をさせていたもの。
8 警察
逮捕
売春関係
業務従事
約7年5月 約7年3月 売春防止法違反(勧誘)につき,不起訴(起訴猶予)処分 在留資格「日本人の配偶者等」の許可を受けて在留中,売春に従事していたもの。逮捕までの約2年は配偶者との同居事実なし。
9 警察
逮捕
売春関係
業務従事
約20年2月 約17年6月 1人
未成年
売春防止法違反(周旋)により,懲役1年6月・執行猶予4年の判決 在留資格「永住者」の許可を受けて在留中,経営するクラブで売春の周旋をしていたもの。過去に入管法違反(不法就労助長罪)で罰金刑を受けた経緯あり。
10 警察
逮捕
麻薬関係
有罪判決
約8年2月 約2年8月 1人
未成年
覚せい剤取締法違反(使用)により,懲役1年4月の判決 在留資格「定住者」の許可(日本人と婚姻した母親の連れ子として,未成年時に来日)を受けて在留中に逮捕されたもの。窃盗による前科1件(執行猶予付き有罪判決)あり。服役中に配偶者は所在不明となり,子(日本国籍)は本国で親族が養育していたもの。

お問い合わせ お問い合わせボタン

→このページのトップへ