収容案件 オーバーステイ等
  • HOME
  • >
  • 入管収容業務一覧

List of Detention Case, OverStay Services
オーバーステイ、不法滞在者の在留特別許可、
上陸特別許可等の入管業務

たった一つの手続き・・・。しかし、その手続きが人生を変えます。

オーバーステイ、不法滞在者の在留特別許可、上陸特別許可などの入管業務については、第一綜合事務所が得意とする分野の1つです。当事務所は、大阪をはじめとする全国各地からのご相談をいただいております。オーバーステイ、不法滞在に関する在留特別許可、上陸特別許可などの入管業務は、専門的で複合的な知識が必要になります。また、“経験”が特に重視される分野です。間違った情報、曖昧な知識は余計な混乱を招いてしまいます。

当事務所は、確かな知識と豊富な経験をもとに、お客様の希望、気持ちをプロの目線で迅速に整理し、事実関係の調査を行い、書面等を作成して入国管理局に提出します。たとえ日本に残りたい気持ちがあっても、事実と異なる解釈をされてしまっては「退去強制令書発布」という結果を生んでしまうこともあります。上陸特別許可を前提とした在留資格認定証明書交付申請の場面でも、あらぬ嫌疑を掛けられてしまいいつまで経っても許可されないという話も聞きます。

当事務所ではお客様の“気持ち”を大切にします。時間との戦いという側面もありますので、入管へ収容されてもなお日本での生活を強く望まれる方は、第一綜合事務所・国際業務部門までお問い合わせ下さい。

失敗は誰にだってあります。大切なのは、その後です。

オーバーステイ、不法滞在者に関する在留特別許可、上陸特別許可などの入管業務を行い、過去様々なご相談がありました。単純オーバーステイ、恋人が収容されてしまったケース、ノービザでの就労、警察に逮捕されたケース等々、ご相談いただく方の国籍、その内容は千差万別です。

しかし、在留特別許可、上陸特別許可を得られているお客様には共通することがあります。それは、過去の過ちを悔い、今後の日本での生活を真剣に考えているということです。当事務所では、お客様の日本で生活したいという強い気持ちがない場合には受任はしていません。それとは逆に、お客様に日本で残りたいという強い意志があれば、難しいと思われる案件も受任し、そして解決をしてきました。

失敗してしまう事は、誰にだってあります。大切なのは、その後どのように生きていくかということです。どんなピンチの状況に陥っても、最後まで諦める必要はありません。お客様にあった解決策は必ずあります。オーバーステイ、不法滞在者の在留特別許可、上陸特別許可などの入管業務は、当事務所までご相談下さい。

オーバーステイ、不法滞在者の在留特別許可、
上陸特別許可などの入管業務に精通した行政書士による解説


専門行政書士に訊く入管の退去強制手続き

在留特別許可について
仮放免について
出国命令制度、出頭申告等の入管出頭について
再審情願・再審申請について
上陸特別許可について
入管収容者との面会について
退去強制手続きの流れについて
警察による逮捕後の手続きの流れについて
上陸審査手続きの流れについて


まずはご相談ください

ご家族・恋人・友人が収容中 会社従業員が収容中 刑事弁護をご担当の弁護士の方


行政書士が語る大切な5つのこと

落ち着いて正確な状況判断に徹すること。

どんな罪で摘発または逮捕され入管へ収容されたのか、退去強制の手続きはどのように進んでいくのか、収容中の方は日本での滞在を強く望んでいるか、退去強制になってしまった後の不利益を考慮できているか、落ち着いて正確な状況判断を心掛けて下さい。

経験を重視し信頼できる専門家に依頼すること。

ビザ申請に詳しくても、オーバーステイ、不法滞在などの在留特別許可業務、上陸特別許可を前提とした在留資格認定証明書交付申請は全くの別物。法律上の規定では認められていない手続きも入管行政には存在します。机上ではわからないこと、それを埋めてくれるのは経験のみです。

対象者のモチベーション維持に努めること。

在留特別許可は、審査が長期間に及ぶこともしばしば。入管に収容中の方は、心身ともに疲弊してしまいます。上陸特別許可においても審査期間は長期間に及びます。そんな状況を救えるのはあなただけです。対象者の強い気持ちは、日本への在留許可へ直結することが多々あります。

困難な状況に陥っても決して諦めないこと。

長期の手続きの中で、もうダメかと思うときは必ず来ます。そんな時こそあなたがしっかりして下さい。当事務所も、ピンチからの逆転を経験しています。困難な状況に陥った時こそ、上を向いて最後まで諦めないで下さい。

専門家に丸投げはしないこと。

通常のビザ申請とは大きく異なる部分です。在留特別許可、上陸特別許可は依頼したから問題解決できるような、容易い手続きではありません。周囲の方の協力があってこそ実現できます。私たちにできること、それはお客様の状況に応じた最大限の効果を上げることです。

ピンチから新たな人生をスタートさせたお客様がいます

収容されてからドラマチックな3週間。感謝の気持ちでいっぱいです。

在留資格の更新をすっかり忘れてしまい、入国管理局に収容されてしまいました。自宅まで入国管理局の職員の方が来たので、正直びっくりしました。
オーバーステイになっていたので、強制送還の可能性が高いと思われましたが、私は日本に残りたい気持ちが強く、入国管理局の収容所の中に入りながら、面会でアドバイスを受け、25日間を経て在留特別許可が下りました。
本当にドン底から在留特別許可を得るまでドラマチックな3週間でしたが、在留特別許可が下りたことは私の人生にとって最大の喜びです。もし今回の結果が強制送還となっていたら、私の人生も大きく変わってしまっていただろうと思います。
第一綜合事務所に感謝したい気持ちでいっぱいです。私のために、一生懸命尽くしてくれました。本当に安心できて信頼のあるサービスだと思います。

無事在留許可をもらい再び妻と生活しています

妻がオーバーステイで入管に収容された時は、本当にどうして良いか解らず、藁をも掴む 思いで第一綜合事務所に相談しました。クライアントの希望を実現するために適切なアドバイスや、時には厳しく叱咤激励して頂き、無事在留許可をもらい再び日本で妻と生活する事が出来るようになりました。
妻が入管に収容されている約40日間は私も妻も夜も寝られず、食事も喉を通らない日々でしたが、妻が無事収容所から出てきた時は、本当に感激しました。
第一綜合事務所のスタッフの方々の日々の業務努力のおかげでまた妻と一緒に生活が出来るようになり、感謝しております。
この様な事が二度と起こらないように私たち夫婦も気をつけて生きて行きます。
第一綜合事務所のスタッフのみなさん本当に感謝します。有難うございました。

入管収容業務 料金一覧

業務内容 報酬額
在留特別許可(入管へ収容中の場合) 300,000円
在留特別許可(収容されていない場合) 250,000円
仮放免申請(1回のみ) 150,000円
仮放免申請(4回までの申請)
※長期収容者のみ対象
300,000円
出頭申告 250,000円
再審情願 250,000円
上陸特別許可1年契約 350,000円
上陸特別許可(2回までの申請) 300,000円
上陸特別許可1年の更新ごと 250,000円

お問い合わせ お問い合わせボタン

→このページのトップへ