帰化申請

Naturalization application process flow
帰化申請手続きの流れ

帰化申請をご依頼いただくお客様に向けて、業務手順を記載しております。長期間に及ぶ帰化申請。当事務所では、お客様の負担軽減を図り、利便に資するため、様々な工夫をして日々業務しております。


メールまたはお電話でお問い合わせ下さい。無料相談ご希望の方は、あらかじめご予約をお願い致します。


ご面談により、帰化申請の要件を満たしているかどうか詳細にご確認致します。面談の際、在留カードと新・旧パスポート全てご持参下さい。


お客様のヒアリングに基づき、業務を開始します。当事務所で作成・収集する書類とお客様にご準備して頂く書類の取得方法等明確にご提示する事により、お客様の負担を軽減すると共にお手続きをスムーズに進めていく事が可能です。


帰化申請書類提出の際、担当官から提出書類や現況に関して詳細に質問されますので、質問対策のための打ち合わせを致します。


帰化申請は、15歳未満の方を除き代理申請が認められていません。ただし、申請には当事務所スタッフが同行致しますので、ご安心下さい。


帰化申請受理後、約2ヶ月から3カ月後に、法務局での面接があります。ご希望のお客様には、面接対策も行っております。


申請から結果が下りるまで、通常6か月から1年程度かかります。官報に告示された時に、許可の効力が発生します。


当事務所では、市区町村での戸籍の届出や各種氏名変更手続き等許可後の手続きについても、ご対応致します。不許可の場合には、今後の方策について検討すると共に、再申請を希望される場合、報酬額0円で再申請致します。

お問い合わせ お問い合わせボタン

→このページのトップへ