• HOME
  • >
  • ご依頼にあたって

Before Consultation
ご依頼にあたって

当事務所へのご依頼にあたっては、下記の「第一綜合事務所をご利用いただくお客様へ」及び「第一綜合事務所へご依頼にあたってのQ&A」を必ずご覧下さい。当事務所へのご依頼の際には、下記の注意事項に同意したものとし、業務に着手致しますので、その旨ご了承下さい。

第一綜合事務所をご利用いただくお客様へ

1. 虚偽申告、虚偽記載は固くお断りしております。
国際業務部門で特に強くお願いしています。当事務所では、入国管理局との信頼関係をとても重視しています。話しにくい事情があることは重々承知していますが、後々発覚してしまうと対応できないこともあります。行政書士には守秘義務がございます。ご依頼いただく際には、正直にお話し下さい。
2.報酬の値下げ交渉はお断りしております。
当事務所では大阪の行政書士報酬額を基準に算定しております。利用しやすい事務所を目指して、平均報酬額よりも低く設定しております。また業務レベル維持の為、必要最低限の報酬額を算出しております。ご理解の程宜しくお願い致します。
3.業務の途中で追加費用はいただきません。
当事務所の報酬額規定は目安として設けているものです。可能な限り当事務所の料金表に則って業務を行って参りますが、特殊案件、難案件については委任契約時に別途報酬のお支払いをお願いさせていただく事がございます。もちろんそのようなケースでも、事前にお客様にはお見積書にてご確認の上、ご依頼いただいております。
4.言語の対応、無料相談については事前のご予約をお願い致します。
当事務所は複数言語対応の翻訳会社、通訳会社と業務の提携を行っております。事前のご予約の方のみ提携特別価格で派遣していただいております。また当事務所の相談業務については、初回のみ無料で行っております。土曜日、日曜日、祝日も事前のご予約のお客様は無料相談を実施しております。
5.ご依頼後のアンケートをお願いさせていただく事がございます。
当事務所では業務終了後、お客様から生の声をいただきたく、アンケートのご協力をお願いさせていただく事がございます。良いご意見も、お叱りの声も真摯に受け止め業務をしていきたいとスタッフ一同考えております。ご協力いただけるお客様は、是非ともお願い致します。

第一綜合事務所へご依頼にあたってのQ&A

第一綜合事務所の特徴は何ですか。
主なものとして、下記の5つになります。
 ①専門行政書士の在籍
 ②無料相談、複数言語の対応
 ③年間100件を超える受任実績
 ④他士業・他業種との連携
 ⑤情報発信力の強さ
そして、業務受任の際はいつも“お客様目線”で従業員一同業務して参ります。その成果が、高いリピート率に繋がっているものと自負しております。第一綜合事務所は、行政書士業務+αを大切にしています。

遠方からの依頼なのですが、可能でしょうか。
もちろん可能です。当事務所は国際業務部門・許認可業務部門ともに広範囲での業務を実施しています。 かなり遠方のお客様からのご依頼例もあり、貴重なご縁をいただいております。

業務時間外、または土曜日、日曜日も相談は可能ですか。
土曜日、日曜日でもご相談は可能です。完全予約制にて無料相談を承っています。平日は仕事のため仕事終了後にしか相談できない方、または週末にしか相談ができない方は是非週末の無料相談をご利用ください。

第一綜合事務所の得意とする分野は何ですか。
国際業務(ビザ申請・オーバーステイ等の収容案件、帰化申請)、許認可業務全般、起業支援です。

海外からSKYPEでの相談の方法について教えて下さい。
ホームページの問い合わせフォームからお問い合わせいただき、その旨を記載してください。後日担当者から当事務所のSKYPEのIDをメールにてご連絡致します。

全て前金での業務になりますか。分割での支払いも可能ですか。
分割での支払いも可能です。業務の内容により多少異なりますが、ご希望のお客様はご依頼時にご相談下さい。

業務を依頼してから、途中解約は出来ますか。
業務委任契約をお客様の事情の変更により、解約していただく事は可能です。但し、当事務所が業務に着手している割合に応じて、報酬額をご請求させて頂きます。

仕事の都合で事務所まで相談に行くことができません。その場合はどうすれば良いですか。
当事務所では、出張にてご相談いただく事が可能です。(別途主張費用は頂戴致します。)
企業様、個人のお客様を問わず当事務所スタッフがお伺いし業務を致します。

第一綜合事務所に依頼しようと思います。どのようにアクセスすれば良いですか。
お電話(事務所代表電話06-6360-6363)、または、メール(info@d1sogo.jp)にてお問い合わせ下さい。メール相談は24時間以内の回答を心掛けています。

お問い合わせ お問い合わせボタン

→このページのトップへ