風俗営業許可申請

Permit Application for Entertainment and Amusement Businesses
風俗営業許可申請

許認可申請業務一覧はこちら

衰え知らずの人気事業風俗営業許可申請は専門行政書士にお任せ下さい

行政書士第一綜合事務所では、風俗営業許可申請の前提となる用途地域・保護対象施設の調査から面倒な店舗測量、図面作成、さらには煩わしい手続きまで、一連の手続きを代行致します。また、風俗営業許可取得後も、提携税理士と共に税務相談等法務コンサルタントとして様々なサポートをご提供することが可能です。

風俗営業というと、性的サービスを提供する営業を連想してしまいがちですが、キャバレー・バー・料理店等の営業や、麻雀店・パチンコ・ゲームセンター等を経営することを言います。(性的サービスの営業は、性風俗関連特殊営業と言います。)

風俗営業許可申請は、申請書類や添付書類が多数必要であることの他、基準を満たす店舗設計や立地条件等を整える必要があります。書類提出の時期や内装工事の時期、立ち入り審査の時期など、綿密なスケジュールを立てておかないと、何度も書類を差し戻されたり、店舗を改装せざるを得ない状況に陥ったり、無駄なコストを強いられるおそれがあります。

経験と日々の仕入れが最高の結果を生む

風俗営業許可申請は、申請書類や添付書類が多数必要であることの他、基準を満たす店舗設計や立地条件等を整える必要があります。書類提出の時期や内装工事の時期、立ち入り審査の時期など、綿密なスケジュールを立てておかないと、何度も書類を差し戻されたり、店舗を改装せざるを得ない状況に陥ったり、無駄なコストを強いられるおそれがあります。

風俗営業許可申請専門行政書士が全て解決致します

風俗営業許可申請手続きをする時間がない。
申請書類の作成方法が分からない。
許可申請できるかどうかの確認をして欲しい。
許可後のサポートも受けたい。
自分で申請したが補正がかかった。
今すぐにでも風俗営業の許可を取得したい。
飲食店の営業許可も同時に取得したい。
申請書類のチェックだけして欲しい。
風俗営業許可申請手続きを全て任せたい。

第一綜合事務所の風俗営業許可申請だから出来るプラスα

メリットは免許取得後にあり

当事務所では、提携税理士と連携し、会計記帳の業務から税務法務相談まで風俗営業許可申請後もバックアップ致します。

風俗営業許可申請に留まらないサポート

当事務所では、提携税理士と連携し、会計記帳の業務から税務法務相談まで風俗営業許可申請後もバックアップ致します。

急ぎの方への速達便

風俗営業許可を取得したいが、忙しくて申請に行く時間がない、申請に関する書類作成や収集をしている時間がない、営業開始に間に合うか不安だ、そのようなお客様に対して当事務所は営業開始までの許可取得をお約束すると共に風俗営業許可に係る一切の手続きを代行致します。

お客様の唯一の労力は押印のみ

風俗営業許可申請に必要な書類作成及び収集は全て当事務所が行い、お客様にして頂く事は、原則申請書類に押印をして頂くだけです。

迅速な許可取得

風俗営業許可の取得には、申請から許可取得まで長い時間がかかります。風俗営業許可を迅速に取得するには、申請までの時間をいかに短縮できるかが鍵になります。当事務所では、風俗営業許可申請の豊富な経験を有する専門の行政書士が迅速な申請を可能にします。

建設業許可申請専門行政書士の解説

風俗営業許可申請専門行政書士に任せて時間を有効活用

風俗営業許可申請専門行政書士に任せて時間を有効活用

当事務所にご依頼頂いた場合、手続きに関する様々な手間を省略することができるので、本人申請の場合と比べて営業開始時期が格段に早くなることはもちろん、手続き進行中も開業準備や経営戦略を練る時間を多く確保することが出来ます。

風俗営業許可申請手続きの流れ

風俗営業許可申請手続きの流れ

事前見積もり、追加料金なしの明朗会計

風俗営業1号申請は、


風俗営業2号申請(バー)は、


風俗営業2号申請(料亭、クラブ)は、


風俗営業3号申請は、


風俗営業4号申請は、


風俗営業5号申請は、


風俗営業6号申請は、


風俗営業7号申請(麻雀店)は、


風俗営業8号申請(ゲームセンター)は、


風俗営業許可申請の事例紹介

風俗営業許可申請においては、管轄警察により提出書類が大幅に異なったり、申請方法が異なる等注意が必要になります。また、大阪においては、行政書士が代理で申請を行う場合であっても、申請人本人が同行しなければなりません。

管轄警察によって異なる手続き

風俗営業許可申請においては、管轄警察によって、申請方法や提出書類が大きく変わります。当事務所で風俗営業2号の許可申請をした際、いつも通り、添付資料として建築確認済証と完了検査済証をつけて提出した際、「こんなものは必要ない」と言われ、非常に驚いたことがあります。管轄警察により、必要書類はまちまちで、建物配置図が必要であったり、不必要であったり、他の必要書類を要求されたりと非常に曖昧です。また、大阪府においては、行政書士の代理申請であっても、申請人本人の出頭が必要となり、申請人に対し、何点か質問されます。
以上のように、風俗営業許可申請はローカルルールによって大きく左右されるおそれがあり、難しい申請といえるでしょう。

風俗営業許可申請においては、管轄警察への事前確認が必須

風俗営業許可申請は、管轄警察によって、大幅に手続き及び必要書類が異なるおそれがあります。本申請前には必ず、管轄警察に必要書類を確認することは必須といえるでしょう。ただし、管轄警察に問い合わせてみても、多忙からか、必要書類を教えてくれない場合も多々ありますので、風俗営業許可申請専門の行政書士にご依頼することをお勧め致します。

お問い合わせ お問い合わせボタン

→このページのトップへ